とっぽいとっぽい。

百合ゲーム・漫画・アニメのレビュー・感想。『咲-Saki-』『アカイイト』考察。

2023年 面白かった百合作品

 Twitterで投げたやつ。『サクラノ刻 -櫻の森の下を歩む-』『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』『嘘から始まる恋の夏』『エクリプスナイト・サーガ ~触虜の姫騎士メアリ~』『機動戦士ガンダム 水星の魔女』『廣井きくりの深酒日記 ぼっち・ざ・ろっく!外伝』『蝶と帝国』『ハチナ怪異譚』『上伊那ぼたん、酔へる姿は百合の花』『咲-Saki-』『アカイイト HD REMASTER』(おまけ)『サクラノ刻 -櫻の森の下を歩む-』(...

続きを読む

機動戦士ガンダム 水星の魔女 感想 祝福が人を苦しめ、呪いが人を苦しめる、祝福が人を救い、呪いが人を救う

 毎週、楽しませてもらった! ガンダムブランドの土台にシェイクスピアの翻案を換装し、他者の認識と自我の確立・親離れ(親殺し)という普遍的な主題、さらにジェンダー・家・民族の不和などの今日的な課題が語られていく。舞台はトレンドのもので、設定はところどころミステリアスでホラブル、全24話にイベントが詰め込まれていて怒涛の展開と強烈な引きが続き、SNS意識のバズりネタまで取り入れていて非常にエネルギッシ...

続きを読む

サクラノ詩 /サクラノ刻 感想 幸福というのはこういうことだ、これでいい

 まごうことなき傑作だった。一大傑作である。 群像劇は『素晴らしき日々~不連続存在~』よりいっそう重層的で入り組んでいて、因縁が絡み合って解き解れ、生と死と愛と哀が交錯し、美と醜が対比され、呪われた生と祝福された生、悲嘆に暮れる悲劇とまばゆい幸せとが糾えて語られ、あるいはそれらに本質的な違いなどないかもしれない。友情が魂を昂らせて、時に悲しみで身を引き裂き、子が親の背中を追う一方で親は子に救われ、...

続きを読む

ぼっち・ざ・ろっく!(アニメ) 原作からの変更点について エピソード強化・人物造形・押し入れの冒険

『ぼっち・ざ・ろっく!』原作を読んで感想を書く予定でしたが、アニメの表現・演出とエピソードの補強があまりにも好きすぎて、いち漫画として平常心でレビューするのが難しく、代わりにアニメでの変更点について書くことにしました。主にエピソードの強化とキャラコンセプト・イメージの統一についてです。ひとりと押し入れのモチーフ・猫背のスタイル エピソードのアレンジ・演出でもっとも印象深かったのは、ぼっちちゃんにつ...

続きを読む

「そういう趣味」「そういう関係」「ソッチの世界」「そっちの気」という表現が嫌いだ

 いちいち指摘するのも面倒くさいほどはびこってしまっている表現だが、本当に大っ嫌いだ。 同性同士でじゃれているところに「あんた、ひょっとしてソッチの気もあるんじゃないの~?」と茶々を入れて「違うわ~!」と全力で否定する。女性が“百合属性”の子から「あ~んお姉様~! わたくしの愛を受け取ってくださいまし~!」と迫られて、あるいはムッツリから「その胸、ちょっと揉ませてみぃ~♪」とセクハラされて「うぎゃー...

続きを読む

ぼっち・ざ・ろっく!(アニメ) 感想 ここがオレ達の聖地(スターリー)だ

 アニメとして100点満点の出来だった。当然、優れた原作あっての出来だろうが、映像と音の総合芸術としてあまりにも完成度が高くてブルってしまった。 まず、ストーリーとサブテキストの確かさが完成度の骨子にあるのは間違いない。主人公が逃避行動として没頭、耽溺していたはずのこと・もので才能を開花させ、周囲と人を動かして自我を取り戻していく王道を嫌いなやつがいるだろうか? 私はその一人ではない。オタクが社会...

続きを読む

リコリス・リコイル 感想 「設定」をまんま出すな、世界観と人物像を創ってくれ

 エスピオナージとしても、テロや管理社会に挑む社会派ドラマとしても、群像劇としても粗がありすぎる。設定だけ作って作劇を考えていない。後半は人物の行動原理に共感できないところが散見されてさらにしんどかった。作画とキャラデザインがよいのは言うまでもなく、千束とたきなの関係性は好きだったし、映画のようなよいショットもある。だがしかし、ちさたき尊い……と耽溺するには突っ込みどころや倫理の問題が多すぎる。無駄...

続きを読む

魔法少女消耗戦線 another record -ちいさきものたちのゆめ- 感想 月生まれは義理堅いんですのよ、それはそれは残酷な話ですわ

 本編で心を動かされた人は絶対に読んだ方がいい。楽しみつつもお金のかけ方や作り込みに不満があった人は、万難を排してやるべし。 本編の補完については、くどくどしいものやしょうもないものもかなりあったが、「アリシャ・オラオンは死んだ」がとにかく素晴らしかった。私は本編の感想でこんな不満を書いていたが……。 逆に明らかに欠点と言えるのは、構想に対して立ち絵やCG、ボイスといった物量が明らかに足りていないとこ...

続きを読む

百合ゲーム レビュー・感想まとめ

タイトル点数公式『アカイイト』100URL傑作和風伝奇百合ゲー、ノベルゲームが辿り着いた最高到達点の一つ。わが原点。『素晴らしき日々~不連続存在~』100URL「エロゲー」の終局特異点、世界の限界を超える詩。幸福、幸福って何だ?『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』100URL絶望と死の渦中で希望と生がひかめくダーク・スチームパンク。マルチシナリオよし、殺陣もかっけー。『魔法少女まどか☆マギカ』100URL虚淵がアニメのシマ...

続きを読む

ファイアーエムブレム 風花雪月 感想 血に塗れた覇道を往く女と添い遂げられるか?

 世界を革命する英傑であり、同時に戦禍を引き起こす暴君でもある女。あなた(ベレス)はこの血の雨を降らす女に寄り添うことができるだろうか? この問いが作品のエッセンスであり、答えによって評価が大きく左右されると思う。シリーズ最高傑作の呼び声も高い『ファイアーエムブレム 風花雪月』は任天堂の人気シミュレーションRPGシリーズの最新作で、メディアのレビューでも個人の感想でも非常に評価が高い。自分でもプレ...

続きを読む